News Release

新着情報

災害からデータを確実に守る!新世代NAS、「nas2cloud Plus」を5月1日にリリース

2016年05月10日

News Release

沖縄クロス・ヘッド株式会社(本社:沖縄県那覇市 代表者:代表取締役 渡嘉敷 唯昭 以下、当社)は、日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都江東区 代表者:代表取締役社長執行役員 吉田 仁志 以下、HPE)のサーバー製品を採用したNASとクラウドの連携サービス「nas2colud」(ナスツークラウド)の上位サービスとして、「nas2cloud Plus」(ナスツークラウドプラス)を5月1日より提供開始致しました。

■nas2cloud Plus(ナスツークラウドプラス)製品サイト

■nas2cloud Plus プレスリリース文


1.【背景】
2014年より「nas2cloud」をSMBに販売する中で、本社や支店、事業所間でのデータの共有は必要不可欠であることが分かり、その利便性の向上が課題となっておりました。またNASとクラウドによるデータ保全以外にもNASの冗長や分散利用など、ニーズも多様化しております。当社はこのような課題を解決すべく、複数拠点のNASが連携して1台のファイルサーバーとして振る舞う『グリッドマウント』機能と、クラウドバックアップ・NASの冗長・拠点間分散など複数のデータ保全方法を「nas2cloud Plus」に実装することで、「利便性」と「多様性」の双方を実現しました。

2.【製品・サービスの概要】
「データの価値は、企業規模に関わらず等しく重要である」というコンセプトの元、SMB企業向けのNASとしてHPEのMicroServerを採用し、クラウドと連携してデータを安価に簡単に利用・保全できる「nas2colud」を2014年4月から提供しており、発売より2年で全国約500社へ導入されています。その上位版として、NASのサーバーにML110 Gen9とDL180 Gen9を追加し、バックアップ先にHPEのクラウド基盤の最新技術であるHelion OpenStackを採用したのが「nas2cloud Plus」です。

3.【今後の展望】
当社は「nas2cloud Plus」により日本全国のSMB企業にエンタープライズと同等のサービスを提供し、全国の企業様の事業を沖縄から支えるクラウドサービスプロバイダーを目指します。

4.【会社概要】
[商   号]
  沖縄クロス・ヘッド株式会社(https://www.och.co.jp/)

[代 表 者]
  代表取締役 渡嘉敷 唯昭

[本店所在地]
  沖縄県那覇市旭町1番地9 カフーナ旭橋B街区ビル 3階

[設立年月日]
  平成18年6月

[資本金]
  51百万円

[主な事業の内容]
 沖縄クロス・ヘッドはネットワークインテグレーション事業を中心に県内データセンター利用企業への設計・構築・運用監視の提供や「CUMO iDC2」を初めとしたクラウドサービスを提供しております。

【本プレスリリースに関するお問合せ】
沖縄クロス・ヘッド株式会社 プロモーションチーム
TEL:098-860-0203  FAX:098-860-0204