News Release

新着情報

「沖縄クラウドDRサービス」をNTTデータビジネスシステムズと協業で国内大手精密機器メーカへ提供開始

2014年03月04日

News Release

プレスリリース

平成26 年2月18 日
沖縄クロス・ヘッド株式会社

 

沖縄クロス・ヘッド、「沖縄クラウドDRサービス」を
NTTデータビジネスシステムズと協業で国内大手精密機器メーカへサービス提供開始。

沖縄クロス・ヘッド株式会社(本社:沖縄県那覇市旭町 代表者:代表取締役 渡嘉敷 唯昭 以下、沖縄クロス・ヘッド)は、株式会社NTTデータビジネスシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 羽生田 文晴 以下、NTTデータビジネスシステムズ)と、平成24年度沖縄県補助事業「クラウドビジネス等先行モデル開発事業」に於いて開発した、「沖縄クラウドDRサービス」を国内大手精密機器メーカへ平成26年2月末より提供を開始する事となりましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.「沖縄クラウドDRサービス」開発、提供の背景
東日本大震災をきっかけとして企業におけるデータの重要性、並びに復旧まで見据えた事業継続計画(BCP)の重要性が再認識されました。こうした背景から企業の大小に関わらずディザスタリカバリ(以下:DRサービス)のニーズが高まってきました。これまで以上にニーズが高まってきたDRサービスをメインサイトと距離を置くことのできる沖縄で、DRサービスの構成要素である、「バックアップ/復旧 ソリューション+高速化技術」、「クラウドインフラ」、「監視・DR運用体制」をパッケージングする事で、利用者からは一元的なサービスとして、シンプルに利用ができる「沖縄クラウドDRサービス」の開発を行いました。
2.「沖縄クラウドDRサービス」の概要
これまで自社やIDCでバックアップを取得していたユーザー向けに、バックアップとシステム高速復旧に優れた「FalconStor CDP」とクラウドサービス「CUMO」を組合せた「沖縄クラウドDRサービス」へ各拠点からバックアップされたデータを沖縄にリアルタイムで転送します。万が一災害が発生した場合は、沖縄クロス・ヘッドの運用監視センターシステムを即時復旧することにより、各拠点災害や同時被災のリスクを抑えた企業の事業継続計画(BCP)を実現致します。
3.今後の展開について
「沖縄クラウドDRサービス」は主に首都圏の企業をターゲットとして展開してまいりますが、企業からのニーズの高いアジア等の海外拠点のデータの保全についても、GIXを活用したサービス実現へ向け検討を開始する予定です。
【本件に関するお問い合わせ】
沖縄クロス・ヘッド株式会社
営業部 担当:高橋
TEL:098-860-0203
FAX:098-860-0204
Email:eigyo@och.co.jp