News Release

新着情報

北海道総合通信網、アット東京と沖縄クロス・ヘッド三社が北海道-東京-沖縄間マルチプラットフォーム環境を構築

2018年11月09日

News Release

弊社と北海道総合通信網株式会社、株式会社アット東京の三社が共同で北海道-東京-沖縄間のマルチプラットフォーム検証環境を構築し、このマルチプラットフォーム環境を活用して、各社が各種実証実験を開始する事を発表いたしました。

詳しくは以下のプレスリリース文をご覧ください。

北海道総合通信網、アット東京と沖縄クロス・ヘッド三社が 北海道-東京-沖縄間マルチプラットフォーム環境を構築

また、今回三社協業によるマルチプラットフォーム環境の提供開始について日本ヒューレット・パッカード社、日本オラクル社よりエンドースメントを頂戴いたしましたので、以下にコメントを掲載いたします。

_____

日本ヒューレット・パッカードは、今回の北海道総合通信網株式会社様、株式会社アット東京様、ならびに沖縄クロス・ヘッド株式会社様の三社協業による沖縄-東京-北海道間を結ぶマルチプラットフォーム検証環境の提供開始を心から歓迎いたします。
弊社は本検証環境を、弊社が掲げる「オンプレミスとクラウドサービスを相互連携できるハイブリッドIT環境を、シンプルに実現する」ビジョンを具現化する活動の一環として、検証環境のご提供を主軸にご支援させていただきます。
本検証環境の活用により、海外システム連携や、相互バックアップ体制による業務継続性の向上を後押しすることで、日本・アジアのお客様の国際競争力と業務生産性を高められることを大いに期待しております。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
執行役員 ハイブリッドIT事業統括
五十嵐 毅

_____

_____

日本オラクル株式会社は、北海道総合通信網株式会社、株式会社アット東京、沖縄クロス・ヘッド株式会社の三社が共同で、日本国内の企業向けに、北海道-東京-沖縄間のマルチプラットフォーム検証環境を構築することを歓迎します。
日本オラクルは、沖縄クロス・ヘッドと本年2月にOracle Database Appliance を用いた「OCH POWER BCP パッケージ Oracle Database」の提供を開始し、11月に沖縄/東京/シンガポール/香港の実回線を用いたグローバル検証環境の提供を開始いたしました。
この検証環境に北海道のデータセンターが加わることにより、より柔軟な災害対策の選択肢を日本国内の企業に提供可能となります。
北海道-東京-沖縄間のマルチプラットフォーム検証環境が、国内の日本企業における災害対策の促進、及びビジネスの更なる発展と拡大に繋がることを期待いたします。

日本オラクル株式会社
常務執行役員
大月 剛

_____