News Release

新着情報

沖縄クロス・ヘッド 台湾のデータセンター事業者eASPNetと協定書を締結

2014年02月26日

News Release

プレスリリース

2014年2月26日

沖縄クロス・ヘッド株式会社

 

沖縄クロス・ヘッド、台湾のデータセンター事業者eASPNetと協定書を締結
~相互のビジネス協業・市場拡大に向け協議を開始~

 

沖縄クロス・ヘッド株式会社(本社:沖縄県那覇市旭町 代表者:代表取締役 渡嘉敷 唯昭 以下、沖縄クロス・ヘッド)は、台湾のデータセンター及びIX(インターネットエクスチェンジ)事業者のeASPNet(イーエーエスピーネット(本社:台湾台北市 代表者:会長兼CEO 吳振生(M. Jackson Wu)と、日本およびアジアでのサービス展開と相互のビジネス連携について協議をするためにMOU契約(了解覚書)を平成26年2月25日締結致しましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.「MOU(了解覚書)」締結の背景
当社は、これまでGIXサービスを通じて香港を拠点に中国向けサービスを展開して参りました。今後は、中国のみならず東アジアへビジネス展開を検討していた所、沖縄県が「経済特区沖縄セミナー&商談会in台湾」を開催すると連絡を受け、新たな事業展開の可能について台湾の企業との情報交換ができればと思い参加致しました。その商談会で、eASPNet社と当社の事業概要やビジネス展開について意見交換した所、データセンター事業やクラウド事業、更にはネットワークの24時間の運用監視と同じ事業内容である事がわかりました。そこで、それぞれの事業の特性を活かし、相互にアジア、日本への事業拡大への可能性を協議するために、MOUを締結することとなりました。今後は、定期的に協議を重ね相互ビジネスの連携とアジアビジネスの拡大を目指します。
*Memorandum of Understanding (MOU)=了解覚書:当事者間の協議事項の確認
2.「「MOU(了解覚書)」締結の目的
・協業の目的:両社が提供するサービスの販売促進を議論し、両社のサービスの相互展開を実現できる契約締結を目指す。
・契約期間:36か月

3.今後の展開について
GIXを活用して、OCHクラウドサービス「CUMO iDC2」等自社サービスの海外展開や、日本に進出を検討しているアジア企業のサポートを実現し、沖縄のアジア情報通信ハブ構想への貢献を目指します。

 

【本件に関するお問い合わせ】
沖縄クロス・ヘッド株式会社
事業企画室 担当:澤幡
TEL:098-860-0203098-860-0203
FAX:098-860-0204